何よりもクリニックのサポート体制に注目

最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 安全と言われているレーシックですが、実際には非常に僅かな確率なのですが、感染症や合併症が起こっています。
また視力が想像しているよりも回復しなかったり、元々の視力に戻ってしまったという失敗例が報告されています。

 

レーシック手術をする以前にはサポート体制がしっかりと整えられている病院を探すことが大切です。
中には定期健診や再手術を無償で実施してくれる病院もあるので比較サイトなどで探してみると良いでしょう。

 

レーシックにおきましては技術や経験も大切なことの一つですが、しっかりとサポート体制がされている病院が重要です。
「ここの病院なら信用してレーシックを受けることが出来る」というような病院をまずは見つけましょう。



何よりもクリニックのサポート体制に注目ブログ:2021/2/22

去年の初め頃、
「とにかく今から行くから」とママからメール。

結婚してからあまり顔を見せていなかったけど、
何かママの様子がいつもと違う…

その少し前にも
おれが勤務する旅行会社の窓口に突然父親が現れ
「たまには帰ってこい」
そう言って帰って行った。

だけど、おれは「ま、いっか」と
そんなに気に留めずにいた…

メールを受け取ってから30分後、
すしとショートケーキを持って
ママがやってきた。

他愛ない会話をし、いつも通りの明るいお茶目なママ。
そんなママと話をしているうちに、
急いでおれに会いに来た理由を聞くのも忘れて
おれは畳の上にごろんと寝転がってくつろいだ。

…と、その時ママが
「実は言っておかなアカン事があるの」
と切り出した。

怖くて聞きたくないけど、聞きたい。
おれは語気を荒げてママを急かした。
「何?どうしたん?何よ?」

「実はね、お母さん癌になってしまってん。
でもちゃんと治療するし、大丈夫やから心配せんといてね」

おれは、一瞬理解が出来なかった。

しばらくして
「お母さん、死なんといて」と
おれは泣きじゃくってしまった。

「大丈夫!大丈夫!」とママは笑う。
ショックなはずなのにいつもと変わらず笑っている。
「驚かせてごめんね」と言いながら…

あれから1年…
ママは辛い抗がん剤治療と手術を乗り越え、
今二ヶ月になるおれの息子を抱いている。

元気になってくれてありがとう!
おばあちゃんになってくれてありがとう!

おれもママになり、
あの時泣きじゃくったおれの前で大丈夫と笑った、
強いママの気持ちが今は少しわかる気がする。